会場の取り組み

ご利用者の皆さまが安心して会場をご利用いただけるよう、

各会場では感染防止策を講じております。

ご利用者の皆さまが防止策を講じるための貸出備品もご用意致しました。

― 会場スタッフへの義務付け ―

勤務中(通勤も含む)

マスク着用を義務付けております。

毎日の検温を実施し、

発熱・その他症状が確認された場合は

出勤を取りやめます。

入館時のアルコール消毒の他、

手洗い・うがいの徹底を

義務付けております。


ー 設備・備品の対策 ー

消毒液の設置

入口に自動噴霧の手指消毒液を

設置しております。

消毒の実施

日常清掃時に

ドアノブ・手すり・洗面台

マイク等を消毒作業を致します。

設備使用制限

ハンドドライヤー等、

感染拡大に繋がる設備の使用を

取りやめております。

積極的な換気

可能な限り各所の扉を開放し、

換気に努めます。

※ 各会場の換気機能については

スペック表をご確認ください。


― 感染防止策用 貸出備品例 ―

各施設ともに感染防止に係る備品を無償提供をしております。

下記は例となりますので各施設が用意している備品につきましては各施設HPの新型コロナ対策ページをご覧ください。

受付用消毒ディスペンサー (2台)

手をかざすと自動で消毒液を噴霧する方式です。

消毒液も会場側でご用意しております。

非接触体温計 (2台)

来場者の入場時等の検温でご利用いただけます。

アルコール消毒ディスペンサー

施設内の各所にディスペンサーを設置しております。


飛沫防止シート

受付や物販用の飛沫防止シートとなります。

注)仕様については会場によって異なります。

来場者用 マスク無償提供

来場者へ事前にマスク着用を

告知していただいた場合に限り、

当日マスク未着用者へ無償提供いたします。

注)数に限りがございます。

フェイスシールド無償提供

来場者と接することの多い受付スタッフ・検温スタッフ用にフェイスシールドを提供しております。

注)数に限りがございます。


サーキュレーター

控室等にサーキュレーターを設置しております。

足型マークの設置

エントランスやトイレなどソーシャルディスタンスが取り易いよう足型マークを設置しております。

消毒マットの設置

靴底に付着したウイルスが感染拡大につながることから靴底消毒用のマットを設置しております。



ご利用者の皆様へお願い

イベントでのクラスター感染発生を防ぐためにも、

ご利用者の皆様には感染防止策の積極的なご協力をいただければ幸いです。

 

防止策を講じる際は、防止策用の貸し出し備品等をご利用ください。

また当日のタイムスケジュール・待機列の形成・レイアウトなど

ご不明点・ご不安な点がある場合は、

各会場の担当スタッフに遠慮なくご相談ください。

マスク着用

来場者へ事前にマスク着用で

来館するよう告知をお願いします。

入場時の手指消毒

入場の際には必ず手指消毒の

実施をお願いします

整列時の1m間隔

入場前の整列、トイレ・物販での整列時

1m間隔を確保できるよう

ご協力お願いします。

※スペック表に参考図がございます。

検温の実施

具合の悪い方を発見された場合は

検温をおこなってください。

発熱等の症状が確認できた場合は

入場のお断りをご協力ください。


飛沫防止

近距離での受付・物販を行う場合は

飛沫防止シート等の対策を

ご検討ください。

タイムスケジュールの調整

入退場時の混雑が予想される場合、

余裕を持ったタイムスケジュールの

調整をお願いします。

間隔をあけたレイアウト

レイアウトにつきましては

各会場担当者にご相談ください。

状況に応じたレイアウトを

ご提案いたします。

※スペック表に参考レイアウトがございます。

歓声・私語の制限

来場者にはイベント本番中の歓声や

私語を控えるようアナウンスを

お願いします。



各会場収容率一覧表

 

 

収容率

全施設 共通基本方針

項目

 

日本橋

三井

ホール

品川

インターシティ

ホール

品川

ザ・グランド

ホール

浅草橋

ヒューリック

ホール

大崎

ブライトコア

ホール

品川

フロントビル

会議室

ヒュー

リック

ホール

東京

渋谷

スト

リーム

ホール

神田

明神

ホール

WITH

HARA

JUKU

HALL

大手町

三井

 ホール

収容率最大

 1.9/18発表の東京都収容率指針に則る

2.当施設ガイドラインの遵守

3.発声を前提としない催事

4.来場者がマスクを外すタイミングが無い

5.開演・公演中・客だし時に物販・特典会を実施しない

6.換気量一人あたり30㎥/h以上を確保

 

最大 収容人数 1,000名  500名  410名 330名 300名 306名 886名 196名 392名 300名 560名
各施設独自条件 座席レイアウトで社会的距離の確保 当施設ガイドラインに遵守頂ければ「ポップス・ロックコンサート」であっても収容率100%を容認
収容率50%

1.収容率最大の条件に満たない

2.9/18発表の東京都収容率指針に則る

3.当施設ガイドラインの遵守

4.換気量一人あたり30㎥/h以上を確保  

50% 収容人数 500名 500名 250名 250名 230名

150名

443名 100名 150名 147名 450名
各施設独自条件 座席レイアウトで社会的距離の確保 パーティー(懇親会)時、関係者/参加者にフェイスガード着用義務化 パーティー(懇親会)時、関係者/参加者にフェイスガード着用義務化 パーティー(懇親会)時、関係者/参加者にフェイスガード着用義務化 客席は1席空けて着席すること パーティー(懇親会)時、関係者/参加者にフェイスガード着用義務化 パーティー(懇親会)時、関係者/参加者にフェイスガード着用義務化

9月18日、東京都が発表した収容率一部緩和の指針を受け、

マグネットスタジオが運営するグループ施設では共通の基本方針を取りまとめました。

収容率50%からの緩和につきましては、

「共通基本方針」を満たしていることと下図に示す「各施設独自条件」を満たす場合に限り緩和条件の適用となります。

各施設の詳細につきましては各施設HPもしくは各施設担当者にお問合せください。

注)「収容率最大=収容率100%」ではございません。共通基本方針の諸条件を満たす場合の最大収容人数となりますのでご注意ください。

 

 

参考情報:9月18日に東京都から発表された指針「令和2年9月19日以降におけるイベントの開催制限等について」https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1009761.html


各会場スペック表

各会場の「面積等の基本情報」「収容人数」「換気量」「ネット環境」等、

スペック一覧を下記よりダウンロードできます。

是非、ご活用ください。


換気量の考え方

厚生労働省は新型コロナウイルス感染防止策として、2020年3月30日、「商業施設等における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について」内の資料で一人あたりの換気量の基準を示しました。資料内を要約すると「ビル管理法に定められている【一人あたり 30㎥/h】の換気量で "換気の悪い空間" を避けられるが、毎時2回の室内換気を実施することがより望ましい。」としております。

但し、多くの会場では窓の設置が無いことが現状です。上記の「毎時2回の室内換気」を空調機器の機能で満たすための数値として資料内では【一人あたり 48㎥/h】が必要としております。

このことから、収容人数の調整により【一人あたりの換気量 48㎥/h】を満たすことで、「換気の悪い密閉空間」を避け、感染リスクを軽減させる防止策として有効と考えらます。当グループ会場では多くの会場が高機能空調機を完備しており、安心してご利用できる環境をご用意しております。(スペック表参照)


グループ施設ガイドライン

各施設ガイドラインのリンク集となります。

各施設ともに、具体的な感染防止策への考え方を明確化し、根拠を持った感染防止策の実施に努めております。

詳細の対策や取り組みについては「各施設の新型コロナ対策ページ」をご覧いただくか、直接お問い合わせいただけますと幸いです。

WITH HARAJUKU HALL


神田明神ホール


品川インターシティホール


大崎ブライトコアホール


大手町三井ホール


日本橋三井ホール


ザ・グランドホール


渋谷ストリーム ホール


ヒューリックホール東京


浅草橋ヒューリックホール


品川フロントビル会議室